令和4年度 校内研究

『書くことを通して考え、学び合う授業づくり』

第4回(最終) 研究発表会

11月15日(火)

6年 国語「海の命」

今年度、4回にわたり分散して行ってきた研究発表の第4回、最終回を開催しました。今回は6年生の授業を公開し、木島教育長はじめ教育委員会の皆様や、市内小中学校の先生方をお招きして行いました。

6年生は大勢の参観者に緊張しながらも、高学年らしい意見を交流しあう姿や、そこから自分の考えを深め文章にまとめる姿がありました。

 

研究協議会では、グループごとに熱心な協議が行われ、「子どもたちが互いの意見を聞き合い、繋げていく中で考えを広げ、書くことができていた」「さらに考えを深めるにはどうしたらよいか」といった感想やご意見が出されました。

 

また、東京学芸大学教授の中村和弘先生や教育指導課の宮崎課長からは「学び合いを通して主体的に書くことで、学力だけでなく、生きていくためのキャリアにつながる力や人間関係、そして豊かな心の成長にもつながっている」とのお褒めの言葉をいただきました。

 

今後も相東っ子が互いに学び合い、共に成長していけるような授業づくりをしていきたいと、教職員一同、改めて思う一日でした。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

第3回 研究発表会

10月18日(火)

2年 国語「おもちゃの作り方をせつめいしょう」

2年生が授業公開をし研究協議会を行いました。

1年生に向けておもちゃの作り方を説明する文章を考え書く学習でした。

まず、ひとりで書いたあと、おたがいの文を読み合い、より良い文章を書くことを学んでいきました。

迷ったり、悩んだり、そう簡単に上手には書けません。でも、友だちと一緒に考えたり、先生にヒントをもらったり・・・書けるようになってきます。

授業後、他校からの参観者には、本校の校内研究の取組を動画で見ていただきました。

研究協議会では、子どもたちが文章を書くための工夫や指導のタイミング等が話題となり、活発な協議となりました。

最後に東京学芸大教授の中村和弘先生と、座間市教育委員会の森谷指導主事・本多指導主事に指導・助言をいただきました。

子どもも大人も「書く」ことに真剣に向き合った時間となりました。

次回は最終回、11月15日(火)に6年生の授業公開・研究協議会を行います。

第2回 研究発表会

9月20日(火)

特別支援級 

国語「ことばがいっぱい」

特別支援級のたんぽぽ・つくし級の授業公開と研究協議会を行いました。

「ことばすごろく」という活動を通して、仲間と一緒に楽しく語彙を増やしたり、ことばを考えたりすることができました。

 子どもたちは仲間と楽しみながら、たくさんの言葉を紡ぐことができました。

研究協議では、他校から参加された先生方から、積極的にご意見やご質問もいただき、有意義な会となりました。

最後に、東京学芸大学教授の中村和弘先生、座間市教育委員会の今井指導主事にご指導ご助言いただきました。

 

第3回は、10月18日(火)、低学年2年生の公開授業です。

第1回 研究発表会

6月24日(金)

3年 国語「仕事のくふう見つけたよ」

本年度第1回、公開授業研究会を行いました。

3年の国語 組み立てを考えて、ほうこくする文章を書こう「仕事のくふう 見つけたよ」の授業でした。

社会科のスーパー見学をもとに、分かりやすく報告する文章を、互いに読み合いながら、より良い文章にしていく授業でした。

校外からも多くの先生方にご参加いただき、熱心な研究協議がなされました。

最後に中村先生、森谷指導主事にご指導ご助言いただきました。

研究掲示板

校内には書くことの研究実践を紹介する掲示板(2階東側渡り廊下)があります。

全校での取組から始まり、低中高学年・特支級とそれぞれの研究実践や児童の作品が掲示されています。

ご来校の際はぜひ、ご覧ください。