相東っ子 日誌

2023年1月の記事一覧

児童作品の紹介

書き初め展が終わり、校内の掲示物が新しくなっています。全校で張り出された書き初め作品も壮観でしたが、学年ごとの学びの様子や児童の思いが伝わってくる掲示物も見入ってしまいます。

【5年 多色刷り版画】

多色刷りを生かし、動物が生き生きと表現されています。選んだ動物にも一人ひとりの個性や好みが感じられます。

【6年 国語・・・随筆「私の枕草子」】

「枕草子」を型にして日常生活を随筆で表現しています。表現方法は古典的ですが、内容は現代の子どもたちの生活を如実に表し、納得したりクスっと笑えたり読むものを楽しませてくれます。

 

 さらに、児童から素敵な手作りのプレゼントが届きました。

「ウグイスと梅」の折り紙タペストリーに、心がほっこりします。

来週は立春を迎えます。春を待ちながら今の寒さを乗り越えていきたいものです。

来週も元気に登校する子どもたちを待っています。

 

4年 クラブ活動見学

相武台東小では、5・6年生が9つのクラブで活動しています。

来年度からこのクラブ活動が始まる現4年生が見学をしました。

メモを持ちながら、それぞれのクラブ活動の様子を熱心に見学していました。

希望のクラブがはっきり決まっている子もいれば、まだまだ迷っている子もいます。

自分の好きなことを、クラスや学年を越えて仲間と楽しめる時間です。

じっくり考え自分で決めらると良いですね。こうして新学年に向けた準備が進んでいきます。

 

6年キャリア学習「人生の先輩の話を聞こう」

コロナ禍以前、6年生は総合で、キャリア学習として地域の方々にご協力いただき、職場体験をしてきました。今はまだその活動が再開できていな中で、今年は地域や校内の人生の先輩をお迎えし、職業や生き方についてお話を伺うことにしました。

今日がその第1回目です。お話を伺ったのは、コピーライター・調理師・ピアノ教師・元ケータイ電話会社営業員・元コンピューターシステム会社社員です。中には本校の保護者や教職員もいます。

体育館でグループに分かれ、それぞれの仕事についた動機や仕事のやりがいや苦労などを実感を込めて話していただきました。

 

 

子どもたちは聴きながら、うなづいたり、質問したりと熱心に学んでいました。良いことばかりでなく、その職業ならではの苦労や、社会人として生きていくことの厳しさも教えていただきました。

今後、何回かに分けて学習していきます。

次回は中国から、自動車会社社員さんとオンラインでつなぐ予定です。

全校 なわとび月間スタート!

明日から、毎年恒例の相武台東小学校「なわとび月間」が始まります。

今日は朝会で体育委員会が様々な跳び方紹介(動画)をしました。

前とびから始まり、後ろとび・あやとび・かけ足とび・二重跳びそして高難度のとび方、ボルト・いなずま・三重跳びと、目を見張るような技の披露でした。

 

 

とび方やコツ、練習方法についても分かりやすく教えてくれました。

 

教室でみている子どもたちからも「すごい!」「早くやってみたい!」と声があがっていました。かっこいい体育委員さんの姿に、全校児童のやる気に火がつけられています。

なわとびは、体力や運動能力を高めるとともに、寒い時期に全身運動をすることで、身体を温め抵抗力を高めます。心肺機能も高まる素晴らしい運動です。

全校で、励まし合いながら1ケ月「なわとび月間」を楽しく展開していきます。

たんぽぽ・つくし級 校外学習「ロマンスカーミュージアム」

先週20日(金)が大寒、今が一年で一番寒い時です。

そんな中ですが、今日はたんぽぽ・つくし級の子どもたちが元気に校外学習に出かけました。

目的地は海老名の「ロマンスカーミュージアム」、皆ワクワクの出発です。

 

目的地に着くまでも、大切な学習です。電車の切符の買い方、改札の通り方、電車の中でのマナーなどたくさんのことを学びました。

 

わずか2駅区間ですが、先頭車両に乗り、運転手さんや行き先を食い入るように見ていました。

 

ミュージアムでは、初期の電車やロマンスカーを見学したり、座席に座ってみたりと、臨場感を味わいました。

ロマンスカーが走る街をジオラマで展示してしました。

屋上からは、実際の車両を何本も見ることができ、互いに「あそこだよ」などと声をかけ合いながら、飽きることなく眺めていました。

学校に戻ると「これが入場券だよ。」とうれしそうに見せてくれました。

全員で仲良く見学し、最後まで元気に帰校できた、大満足の校外学習となりました。